医療レーザー脱毛 名古屋

医療レーザー脱毛による永久脱毛について

医療レーザー脱毛とは、医療用のレーザー機器を使って行う脱毛のことです。
本来脱毛は医療行為とされており、医療の資格を持った人がいる施設でしか行えないことになっています。
サロンでも脱毛と銘打った施術を行っていますが、使用している機器は医療レーザー脱毛に使うものよりも出力が低く脱毛効果も低いもので、永久脱毛といえば本来は医療脱毛の事を指します。

クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、さまざまな波長を持つレーザー光のうち黒色にのみ反応する光を取り出して永久脱毛したい部位に照射する、というものです。
照射された光は毛根にある黒いメラニン色素に反応し、吸収されます。
するとそこで熱エネルギーに変換され、脱毛すると同時に毛母細胞を破壊して二度と毛が生えてこないようにします。

毛には毛周期というものがあり、毛がどんどん伸びる成長期、成長が止まってから抜けるまでの退行期、抜け落ちてから新しい毛が生えてくるまでの休止期、というサイクルを繰り返しています。
医療レーザー脱毛を行うためには毛が生えていることが必要ですから、成長期が適しています。
したがって施術はこの毛周期に合わせて行い、2~3ヶ月おきに5~6回の施術をしたところでほぼ完了となります。